結局あーだこーだ前回のブログで言ってましたが、結局行ってきました。
で、行ったならレポートを書け!と何人かに言われましたが、そもそも三代表が何を言ったか一字一句メモしてないし、そういう記事がほしい人は他のところにあがってるのでそっちを見たほうがいいと思います。
っていうか、私が求められてるのはそういうところじゃないよね。
……ぶっちゃけ、昨日の夜一睡もしないまま参加して、まだ微妙にナチュラルハイなんですよ。メモの文字がおかしいし。なので、しばしお待ちを。

代わりに、噴出すネタ見つけたので。
それで今日のところはお茶を濁す。

同人委託書店・とらのあなさま。
多数の委託書の中から、さらにお勧めを作ります。
こんな感じ。
02

男性向けですから、萌え系おにゃのこが並ぶわけですよ。
それをぐりぐりとスクロールすると…。
01

右上のにゃんこも異色ですが、これも萌えですからいいでしょう。
問題は左下。

……何だよ、これ。














種を明かせば、私の本なんですけどね!(ちょ
いや、特集ページ組んだよ!ってメールが来て、月曜日に同人サイトのほうは更新しないとなあと思ってたんですが、こういうことしてると思わなかった。おかしいだろ!普通。確かに、カラーのイラスト部分は表紙だけだし、このくらいしかトリミングしようがなかったのもわかるけど!!

で、これはいったいなんじゃらほい?と興味をもたれたあなたは、この文字をクリックすると本の解説ページ(とらのあな様サイト)に行くように指定起きましたのでよろしくお願いします(ぁ。
ちなみに本の中身をもっと長く読みたい方はPixiv小説・ブログ記事(私の同人サイトの小説腐り萌え吐き出しブログのほうにあります)お好きなほうをどうぞ。どっちも同じ範囲なんですが、掲載時期によって微妙に手直し入ってたりしてます。冬コミ新刊のほうは再度てにおは狂い修正などをやったのでつまり参考程度に。

ちなみにですが、こうみょうは同人暦こそそこそこ長めなものの、基本的にマイナー街道驀進中のピッコピコサークルなので、そもそも同人誌を紹介されることがまずありません。とらのあな様との付き合いはそろそろ1年半くらいになりますが、なぜここまで懇意にしてもらってるような雰囲気なのかさっぱりわかりません。「それ、だまされてるだけです」なのかもしれませんが。いや、それでもいいんです。ものすごくうれしいんですけど、何だろう、このむずむず感、みたいな。

というわけで、冬コミ・トレジャー・コミティアと申し込んでますので、そのときでもいいですし、こうみょうの顔を見たくないけど本には興味ある方がおりましたら、とらのあな様とか便利だと思いますですよ!

……ただの宣伝だって?
まあ、転んでもただではおきたくないだけといってほしいです!(ちょっとマテ