今日の朝のニュースで【遠隔操作ウィルスの犯人逮捕!】と流れまして。
……本当の犯人かはわからない。今のとこ否認してるみたいだし。
この事件は全く見に覚えのない人を逮捕して無理やり虚偽の自白をさせたという前例があるので、逮捕=本当に犯人なのかはもう少し状況を見るべきかなあと思います。

……結構マジで、猫に首輪をつけたのは事実としても、誰かに頼まれてつけてるだけの可能性は十分あるしねえ。

まあ、それはともかく。

このニュースを聞いて「これで黒バス解禁!やっほーい!」というツイートが結構散見してたので、さすがの流石に突っ込み入れさせてもらうよっと。

同人誌即売会に対する脅迫状の犯人ですが。
  1. PC遠隔操作によるネット上に書き込まれた犯行予告(コミケ)
  2. 喪服の死神名義による封書による犯行予告(黒バス)
  3. 封書による犯行予告(東方)
の3パターンありまして。
今回逮捕された犯人は1になります。
んでもって、1と2は【今のところ】同一人物の犯行という証拠がひとつもありません。
ちなみに、2と3もそれぞれ別の人が出していると思われます。…3の詳細が表立って発表されてないのでぼかしますが、手口も名義人も違うのですよはい。

もちろん、今後捜査が進展した結果、喪服の死神も同一人物がやった!という可能性はないわけではありません。そうなると楽だよねーとは思うのですが、多分違うだろうなーと私は思ってます。
その前に本当に犯人なのか?というのをはっきりしてほしいなあと……。前みたいに冤罪は勘弁してよ。
(とはいえ、すごく斜に構えた見方をすると、【警察は前回誤認逮捕をしている】→【だからこそ、真犯人も否認し続け、証拠が出てきても「操られました」といえば開放されるという作戦】→【むしろ警察に恨みがあるわけだから、「誤認逮捕再び!」というふうに発表されれば赤っ恥書かせられるから、徹底的に否認し続ける】という可能性もあるよなあ……考えすぎだけど)


……しかし、ここに来て急展開したので、この勢いで黒バス脅迫犯である「喪服の死神」や東方脅迫の犯人を見つけ出してくれないかなあ……。最低限喪服の死神が解決しないと、コミケやコミックシティのようなオールジャンルイベントに対する影響が大きすぎるんだよなあ…。