酔ってるので簡単に。



…誰かを、何かを恨み続けて、罵倒し続けて、生きるのって楽しいのかなあ。
ムカつく人とか出来事とかってのはどうしても存在するけども。
回避はできないけども。

逆恨みし続けて。
なぜそうなったのか確かめずに恨むだけで。

…いいのかなあと。

もちろん、関わるのも嫌!だから確かめないは選択肢としてありだろうなあ。
それなら、恨み辛みをつぶやきまくってるよりは、すっぱり(その存在を)忘れた方が楽よね。
忘れたくないなら、恨み続けるよりなんでそうなったのかお互い納得できる意思疎通した方が心が楽だよね。
(その上で価値観が違うとなれば、そういうものだと割り切った方がいいわけで)

合わない人と仲良くなる必要はないんだけど。嫌い、苦手ならそれでいいんだけど。

…こういう自分の考えが正しいとは限らないし、価値観の押し付けはしない方がいいと思う。
ただ、恨むことで苦しいと思うなら。
考え方を変えるのの一つの案だと思うよなあ。
誰かを恨むことで周囲の人を失うことになるのなら。
その前にこういう考え方もあるよなあ。




…みたいな話。


恨みって、一度恨むと坂道転げ落ちるように何でもかんでもムカついてきて、最終的に坊主憎けりゃ袈裟まで憎いどころか坊主が歩く道ですら憎くなるみたいな状況を某所や某所に対して感じておりまして、少し疲れております。
あれらの負のメビウスの帯はいつまで続くのかなあと。