いわゆる児童ポルノ法改正案が国会に提出されております。
……自民公明に日本維新の会が合流ってあたりで、この間の慰安婦問題の失言をこれでリカバーするつもりなんじゃないかと邪推しているのですが、今はそういう妄想はいいか。

この改正案について、あちこちの業界から反対表明が出ております。
問題点はそっちを見たほうがいいんじゃないかな。

漫画家協会:児童ポルノ規制法案に向けての意見書
日本書籍出版協会・日本雑誌協会連名:「児童ポルノ禁止法」改正法案への反対声明
同人誌即売会連絡会:「児童ポルノ禁止法」改定案への反対声明
コミックマーケット準備会:「児童ポルノ禁止法案」に対する意見表明

弁護士さんからのこんな声が。「漫画・アニメ」も視野に入れた「児童ポルノ禁止法改正案」の問題点とは?
あと、TBSラジオの番組でこの話が取り上げられまして、山口弁護士が色々喋ってました。Podcastingはブログから

いろいろな立場から反対!の表明が出ております。

……ちょっと誤解されがちなんだけど、どの立場でも(そして私自身も)【実在の児童に対する性暴力・性搾取という犯罪はなくすべき】なのです。そういう意味で【児童ポルノを根絶させる】というお題目は賛成なんだ。
ただ、この法律は実在しない創作物に登場する児童っぽいものまでが対象な上に、そういう創作物もってるだけで逮捕できちゃうとかというわけのわからなさと、そのくせ実在の児童に対する性犯罪が抑制できる効果が全く見えないどころか穴だらけすぎて!という点が問題なの。

賛成派が勝手に【児童ポルノ法反対派は児童に対してやましい思いがあるから反対してるんだ】みたいな解釈してるけど、違うからね。このブログに来てる人たちはそんな誤解してないと思うけど、念のため。

で。
問題点についてはもっと詳しい人達がいるのでそちらに論を預けるとして(私ごときの知識じゃどうにもならん)。
賛成派の深層心理を探ってみようじゃないか的な試みを。
……したかったんだけど、全然まとまらない的めもめも。



<折りたたみ>



 

……賛成派と一口に言ったものの、認識は色々なのよね。
実際問題「とりあえず児童ポルノは犯罪だから、それがなくなるなら別にいいんじゃね?内容よくしらんけど」という議員さんも結構いるようでして。
……そういう人たちに対しては、問題点を冷静に説明すればわかってくれるんじゃないかなあ。
(こういうのって感情で反論しても聞いてもらえないのよね。感情で責めると、悪いのは法律案であるはずなのに説明している相手を叩きだすから。相手の人間性を叩けば、そりゃあ意固地になりますよって話)

めんどくさいのが。
1:(男性の)性欲を勘違いしてる人
2:写真や映像を含む「創作物」が人間性を決めてしまうと勘違いしている人
あたりかなあ。
あ、「わかっててやってる人」に対してはどうにも対応しようがないと思うの。なんつーか、「こういう女性の声を聞いてあげて実現しちゃうフェミニストなオレカコイイ!」とか。

1に関しては圧倒的に女性が多いかなあ。2は男女あんまり関係ない気がするけど。
で、困ったことに、同人世界とかオタク世界の住人を自負してる中にも、このへんの誤解をしてる人が一定数いるんだよなあ。

人間って、エロいものを見たからエロくなるわけじゃないんだけどなあ。
ことに男性って物理的に吐き出す作業ってのがあるわけで、けどいつだって生身の女性に出来るわけじゃないわけで、そもそも恋人どころか女性と会話することも「犯罪言われるんじゃないか…」とビクビクしてる人間が実在してるわけで、そういう人達でもそれを合法的に行うために使うのが創作物であって、むしろ実在の人間に対して性犯罪を行わないようにするためにそういう創作物を使って疑似セックスをすることで物理的に吐き出すわけでだな…と説明しても、1や2の人にはピンと来ないらしいのですわ。

なんかアレらしいんですわ。

例えば、その昔仮面ライダーが放送された時に、子どもたちが我先に「変身!」のポーズ真似してたでしょ?その時にTVの真似して土管とかから変身ポーズのまま飛び降りて、ライダーキックの真似して飛び降りて、怪我とかしてたでしょ?
どうもそれのイメージがあるらしいんですわ。
つまり、TVに影響されて真似して実際にやってみたという過去から、「子供とエッチする本に影響されて、真似して、実際にやっちゃう」と思われてるっぽいんだ。

「だって今だってそうじゃない!TVみて「そんなのかんけーねー」とか「今でしょ!」とかみんな影響されて真似してるじゃない!」

……えーっと。えーっと。
なんだろう、どこからどう突っ込めばいいんだろう……。
それとこれとは違うんだ!

あと、単に「自分や子供が見知らぬ人間の性欲処理対象になるのがイヤ」ってのもあるらしい。
これに対し「誰もお前なんかでやりたいと思わねーわ!」と反論すれば終わると思ってる人が多いんだけど。
こっちはこっちで根深い問題。
性犯罪被害の経験がある女性の中に多いかなあ。
(すべての被害者がこの考えを持ってるとは一言も言ってないよ!)
男性が、もっと言うなれば暴力的セックスが気持ち悪い、許せないなわけ。相手が好きだからじゃなく、性欲処理ということが気持ち悪いわけ。気持ち悪い男が気持ち悪いセックスを考えるってことが気持ち悪いわけ!というなにか。
(理想の男性(Notイケメン)による愛のある優しい子づくり目的セックスは別であり正義!すばらしい!というあたりが更にややこしくなる…)

どっちもなんだけど、思い込みなのね。
ぶっちゃけ、何を考えているか、どう思っているかは個人の自由だと思うの。
ただ、自分の考えが世間一般の考えかというと別なのね。
自分が嫌悪感感じてるものが正しいかというと、また別なのよね。

昨日のTBSラジオで山口弁護士が言ってたんだけど。
「見ない権利はない。なぜならそのものを無くす方向になるから。問題は不意打ちを受けない権利」
このへんは重要よねと思う。
ネットという世界軸を見てると、色んな物が流れてくるからねえ。性的なもの以外にも不愉快なものがバンバン流れてくるし。
(Twitterではそういうことばかりつぶやく相手に対してはブロックという作業をすることによって、自分のTLに流れなくなる=不意打ち食らって精神的に落ち込むことはないということがわかったので、あまりにひどい人に対してはそうしてる…さすがに他人の悪口とネガティブ発言のコンボのみの相手をフォローし続けられるほどメンタル強くないんだよね…)

……基本的に人間って「決め付け」るイキモノだから、一度こういう考えに凝り固まってしまうとどうにもならんのだけど。困ったことに、性に関する問題はかなりややこしい思想が絡むのですのよね…。





どうしたらいいのかねえ。
性の話って、相互理解するも何も会話そのものがタブー視されてるので、本当はそのへんも含めてざっくばらんに話せる場所ってのが必要なんじゃねえかなあと結構思ってる。 オープンな場所である必要は全くもってないんだけど。