同時進行で3本くらいやってると普通に死ねるよね!というこうみょうさんですおはこんばんちわ。
……日中は本業メインに、日が落ちてから同人の方をやるようにしてるのですが、これがまた進まなくてね!(ぁ
あれですね。1日が36時間あって、36時間あってもフル稼働できる体力がほしいですね!(問題は体力面らしい)

 さて。児童ポルノ法改正案が継続審議となりまして。
とりあえず締切が伸びただけであって全くもって解決してないわけですが。
架空の創作マンガですら取締だの、孫の裸体写真持ってるだけで逮捕!だの、色々問題点は騒がれてるわけです。
ただ。
この法律の問題点って、そこじゃないんだよな!という話からしていこうかと思います。

※タグに【電波】が入っているあたりで、こうみょうさんの現状があまりよろしくないあたり、こっそり察していただけると幸いです……。

 

さて、児童ポルノ法。
みんな、当たり前のように児童ポルノ法って言っちゃってますが。

そもそも児童ポルノってなんぞや?

ポルノ=ポルノグラフィの意味とは
性的な行為を露骨に表現した文学・映画・絵画・写真など。ポルノ。
だそうです(出典:大辞林 第三版)。
また、ウィブスターの国際辞典によると
性的興奮を起こさせることを目的としたエロチックな行為を(文章または絵などで)表現したもの
なのだそうな。

なので、児童ポルノといえば、 「性的興奮を起こさせることを目的で児童をエロティックに表現し、児童との性的な行為を露骨に表現した創作物」ということになります。

……ちょっとこの辺りで気づいて欲しいのですが、この法律の本来の目的(趣旨)は「児童虐待を未然に防ぎ、また(性的なものを含め)虐待から児童を守るための法律」のはずなんだよな。
法律のタイトルだけ見ると【児童ものエロ漫画を取り締まる法】って言うことになっちゃってるんだよな。

はーい、ここで注目ー。

この法律の問題点。
法律のタイトルと趣旨が全然違う!

あれですね。新聞の見出しと中身が真逆!っていうアレですね。
日本のお家芸ですね(

……正直な話、見出しが違っていても、中身をシッカリ読み、「ああ、見出しは適当なことつけてるよな」とわかる人ばかりなら問題ないのです。そして、児童ポルノ法の問題点を挙げている方って、法律タイトルはさておき中身をちゃんと読んで、趣旨と内容が食い違ってるじゃん!ってわかってる人たちばかりなのです。
しかし、大多数の方は、残念ながらそこまでちゃんと読まない。そして、困ったことに【疑わない】。

「児童ポルノ」という言葉から連想されるイメージ。それと、児童ポルノ法に明記されている趣旨。
深く考えずに結びついてしまっているのが問題なのです。
どういうことかというと。

児童虐待を未然に防ぐためには児童ポルノをなくす必要がある
   ↓
児童ポルノと呼ばれる創作物をなくせば、児童虐待を未然に防ぐことができる
  ↓
児童が性的虐待される創作物を見ると児童虐待が起きるので、そんな創作物を滅ぼしてしまえばいい


……つながってなくね?桶屋が何とかってやつ?と思ったあなたは正しいのですが、残念ながらこの法律の問題点はそういう刷り込みが無意識にされてしまうことにあると思います。
そして、一度この刷り込みがされると、容易に抜け出すことが出来ないのですな。しかも、ポルノグラフィそのものを嫌悪している方からすれば、名目上は素晴らしい趣旨だ!なわけなので(児童虐待を未然に防ぐ必要性は、児童ポルノ法反対論者も皆いっている)、正義の法律!という風に見えるわけですよ。
「児童ポルノ法の趣旨とは関係のないポルノグラフィ(創作物)を対象とするのはどうなのか!」という反対論者に対し、「だって児童ポルノだから!ポルノを取り締まれば児童を守れるからこの法律名なわけだし!」と話し合いになるわけがありません。哀しいかな。


……いわゆる【児童ポルノ法】の問題点を洗い出し、賛成反対含め皆さんにちゃんと考えてもらうためには、私は「まず法律の名称を変更せよ」ってところからだと思います。
なんというか、そこでバイアスかかりまくってるので話が進まない気がするのよ。
最低限、趣旨と名称は一致させようよ
本来の【児童虐待を防ぐ】という意味では例えば【児童性搾取防止法】とか【児童虐待取締法】とかとつけたほうがいい気がします。その方が趣旨がわかりやすいから議論しやすい。ポルノグラフィの取締がどういうふうに虐待防止につながるのか?という話も通じやすいのです。
(ポルノグラフィの増減と実際の虐待や性犯罪数の増減に相関性はない(むしろ反比例)だという研究結果もあるのですが、はなっから見てもらえないのでなあ)


逆に言うと、本当に「児童モチーフのポルノグラフィを取り締まる法律を作るんだ!」ってことならば、【児童ポルノ法】でいいと思うのです。しかし、その場合は「児童の性的被害を未然に防ぎ云々」と言った綺麗事かつ全くデタラメな趣旨はさっさと書き換えていただきたいと思うのです。 
それならそれで意見はあるわけで、戦いようはあるのです。表現の自由とかね。児童に対する暴力とはまた別の問題になるので。 


そういえば、いわゆる児童ポルノ法に何故絵とか写真とかって話が入ったかというと、【児童虐待の場面を収めた写真などが(児童虐待の)証拠になる】からだったと思うのですよ。本来の話は。
それが、【妄想であっても児童虐待の場面を書いたら、犯罪の証拠】に変わり、さらに【児童を裸にした絵を見てフル勃起したら、そいつ犯罪者】っていうよくわからない伝言ゲームがさも当然のように行われて、しかもそれが国民の認識!として成立してしまったのは、誰のどんな力によるものなのでしょうかねえ…? 


PS:名前だけ変えても無駄だよ!とオタクな皆さんは言いがちですし、実際名前を変えただけで法律の内容変えないと話にならないんだけど、世間一般の認識を変えるにはものすごく大きな効果があると思うのですよという話。 「ポルノ=裸=犯罪」っていう、変な連鎖反応がある以上、ここから変えないと話すら聞いてもらえないと思うんだよな…。困ったことに。ということが現実に起こりつつありましてですね。