もうすぐ夏コミですね。
夏コミの翌週には大阪CITYやコミティア、さらにその翌週がグッコミでしたっけ。

イベントが続くなあ。別主催なので仕方ないのですが。

私は夏コミのあとは大阪トレジャーの予定になっております。


で、その大阪(CITY)でちょっと問題が起きてると。
芸能人を元にしたパロディ(通称ナマモノジャンル)で、 ある芸能人が先輩芸能人でBL本を作ると。
元々はニコ生での企画らしく、それをTwitterなどでバンバン宣伝していて、何も知らない一般のファンがイベントに来て大混乱、取材とかもくるんじゃね、勝手にニコ生しだすんじゃね、周囲のスペースの人はそれで元ネタ身バレするんじゃないかと戦々恐々、中には不参加表明する人も。

ということらしい。 

一応念のためなんだが、芸能人が芸能人と名乗ってサークル参加することは問題ではない。芸能人が来る場合はお忍びなんじゃねえか?とよく言われるんだが、昔だと黒田勇樹とか、最近だと天津向とか、あのへんは本人が作って本人が参加してるよ!と銘打って参加していた。ちなみに普通に島中(誕生日席配置はあった気がするが、壁とかじゃなかったはず)。
最近は【芸能人が来る→一般人が紛れる→統率の取れないだまになる】と言われがちで、確かにそういうケースはあるんだけど、必ずしも芸能人だからと言うことではない。いや、ニコニコ動画の人気歌い手は芸能人かどうかという話もあるんだけど。


 

本人のファンで同人について何も知らない一般人が来るんじゃないか!?という心配はなくはない。
ただ、トラブルになるほどの混乱は起きないんじゃないかなあ……と思うのです。
(ものすごく個人的な見解だけど、ニコ生企画だったってことと該当の芸人さんのファンの数を考えると、「同人を知らない一般のファン」ってかなり少ないと思うんだよな……)
取材とか勝手にニコ生とかってのは、そもそも該当イベントでは禁止事項だし、撮影そのものが禁止されてるので突然の撮影会とかが起きても速攻止められるわけで。

サークル的にはそれにより自分たちがこっそり楽しんでいる同人誌が勝手にさらされるんじゃね?ってことを恐れてるよなあとちょっと思ってます。何も知らない人たちに荒らされるというか。
うん。そこの不安はわからなくはないです。
特にナマモノジャンルというのはネタ元が普通に生きているわけで、本人がそれを見て名誉毀損!ということもできなくはないのです。
ゆえに、ナマモノジャンルの方はネットで宣伝をしません。誰に見られるかわからないからです。
それどころか、ネタ元が誰なのかとはハッキリ明記しません。ジャンル者だけにわかるよう、大抵が隠語です。
(大鳥、免許、東洋、中途…気象系まではわかったけど、俺足族は本気でわからなかった)
オンリーイベントなどは大抵がパスワード制になっており、そこを突破しないと会場や日付がわからないようになっていることが多いです。
(その割に、支援印刷所のサイトには日付と会場がばっちり記載されているってのがなんというか本末転倒を感じるんだけど、それはまた別の話)
そういうそれまでの経緯というか慣習というかを考えると、「同人のなんたるかも知らない奴らが商売チックに勝手に土足で上がってきてジャンル崩壊させる!」みたいな行為を脅威に感じるのは非常に分かります。

ただ、さ。
イベントルールとして決まっている【撮影】【取材行為】については止めることは出来るんだけど。
そもそも、芸能人だから頒布しちゃいかんとか、ナマモノジャンルだからネット宣伝しちゃいかんという権利は、誰にもないんだよな。

ナマモノにかぎらず、所謂腐女子向けジャンルは「隠れてやるもの」という慣習が根強く残っています。こういう趣味が恥ずかしい、馬鹿にされる、そもそも男同士で妄想エロなんて頭おかしい、でも好きな人はいるからその中だけで楽しみたい。
このへんは、(同人とは無関係に)漫画というものの扱いと女性向けポルノの歴史などを考慮すると、致し方ない面はなくはないです。
あと、女性の多くが、表向きは淑女を保ち、裏でドロドロとした何かを展開し、みんな仲良く相互監視、目立つ杭は全力で再起不能になるまでにフルボッコという性質を持っておりますゆえ(…)、こういう「抑制されたジャンル」で「ネットという目立つことをする相手」に対して恐怖心とともに盛大な叩きを展開するのはわからなくもない。

わかるんだけどさ。

同人を取り巻く環境がこれだけ変わりつつある中(市民権を得たとは言わないが)、世間の見えない所でこっそりと楽しむってのは無理なんじゃなかろうか。
そもそも、この件をツイッターで批判してる同人者は、それ自体がこういうものがいるという宣伝になってしまっていることに気づいてるのだろうか。んでもって、同人の掟!的なものを知らない人から見ると、同人とはこういう初心者を排除しひたすら叩いて才能の芽を潰す陰湿で危険な存在であると思われていることに気づかないんだろうかとも思うのです。
……影でこっそり楽しみたいんだから、何も知らない一般人にはそういうイメージをつけたほうがいいじゃない!という意見ならば、まあそういう人もいる罠で終わってしまうのですが、ただ、それをやってたから表現の自由関係で「エロは未成年に悪影響!」だけならいいんだけど「単純所持ですら禁止!」みたいな意見が何も知らない人から出るんじゃねえかなあとも思うんだよね。

難しい問題だとは思うけどね。

個人的には「エロ妄想・BL妄想をする」ことは恥ずかしいこと!みたいな刷り込みを何とかすべきな気もするんだけど。そこは今すぐにどうこうできる問題じゃないしなあ。
あとは、一般人初心者が大量に来ちゃったとしてもどうにかするというかそのまま教育してしまう仕組みを作ったほうがいいんじゃないかなあとも思うのですが、どうもそういう方向に話が進まずただただフルボッコだけなのがどうにもこうにも。
今回の件に関しては、「郷に入れば郷に従え」みたいに持っていくのがいいのか、それとも「時代は変わった!」とすべきなのか、よくわからないのです。いい落とし所というか、どういう方向にしていくのがいいのかといわれるとあまりに悩ましくて。

とりあえずわかったのは「隠れたい腐女子にとってネットってコントロール不能な恐怖の存在」ということかなあ。
まとまってないけど。


……事ある事にいってるけど、この人、20世紀はナマモノジャンルにいたからね。
ネタ元芸人さんの後輩芸人が何故かコミケに来て買いに来て…って経験はあるんでなあ。
(しかも名乗るんだよね、そういう場合って)
ネタ元アーティストに見つかって事務所に監禁させられて二度とこういうことはしませんって誓約書書かされてついでにそのアーティストのイベント出禁って都市伝説も聞かされたしなあ。
(アレもどこまで本当なのやら)
そういう恐怖体験がだんだん尾ひれ付けられて広まってるがゆえの騒動だとは思うんだけど、それでも私は「必要以上に叩き過ぎ」だと思っちゃうんだよなあ……。