……やたらタイトルが大げさですが、別にそんな大層な話はしない。

イベント主催やスタッフをやってみたい!けど…みたいな話はたまーに聞きます。
今ってクオリティ高いもの要求されやすいし、いろいろとしっかりやってないとすぐに叩かれるので、「やったらいいよ!」と無責任発言をしにくいのはどうしてもあったりします。
まあでも、だれでもはじめは初心者なので、どこかで経験積まないといつまでたっても成長できないんだよね…。

個人的には、主催をやる動機が「モテたい!」とか「ジャンル内でちやほやされたい!」とか「権力(?)を手に入れたい!」でもいいと思うのです。
もちろん、ハッキリ言って、主催やったからといってモテたりちやほやされたりしませんし、 権力なんてものが手に入ってもせいぜい紙っペラ1枚の書類みたいなものです。
(勝手に権力持っている!と第三者に言われることはたまにあるけど、それと実際は違うよねって思うの)
その辺は実際やってみるとわかります。
取っ掛かりとしてそういう不順(?)な動機でもいいじゃん!という話なだけで。

それはともかく。
話を聞いていて「この人は主催に向かないな」とか「この人もう少し頑張ると大化けして主催こなせそう」とか思ったりすることはあります。
どういうあたりでそう思うかって話をしようかなと。

 

いきなり注意事項ですが、一般的な「主催に向くと思われる資質」の話でして、実際の主催運営はケースごとに全然違います。ゆえに、ここに当てはまらないからといって向いてないというわけではありません。
また、イベント運営を複数人で行う形態ならば、一人が全資質を持ってる必要すらないと思います。互いが互いの足らない点を補える関係を築けるならば、そういうほうがうまくいくことも多いでしょうし。

とりあえず、勝手に思ってる資質。
1)正しくスケジューリングできる
……当たり前なんですが、イベントのあれこれに対し、時間や日程にルーズな人は困ります。サークルさんに要項を発送しないと…ああまだ出来てない!パンフの編集も…!って状態じゃ、参加者さんも困ってしまいます。
というわけで、どういうスケジュールで事務関係をこなしていくかってたてる必要が有るのですが、ここで問題なのは「スケジュールに余裕が無かったり、トラブル発生時のリカバリー時間が考慮されていない」組み方をしちゃう人。
当たり前なんですが、トラブルはつきものです。パンフ入稿この日まで!と決めていても、残業やら何やらで全然進められないよ…明日締め切りなのに…という話はよく聞きます。パンフ入稿とかなら割増かけて印刷所に頼み込めばなんとかなるケースも多いのですが、たいていそこまで時間に余裕が無いスケジュール組んでる人は。他のところについても余裕が無かったりします。
なので、その辺を念頭に入れて予備日とか組み込んでおく必要があります。
(自分の場合、イベント1週間前にはやることがなくて、そのイベント用に突発新刊を作り出す!というスケジュールを組んでいます。 実際、1週間前くらいじゃやることはいっぱいありますが、自分の突発新刊が出る出ないはイベントとしてはどうでもよかったりするので、忙しい時は自分の新刊を問答無用で落とします)
2)優先順位を自分で決められる
何かあった時というのは、問題が1つだけじゃなくて複数やってくることが多々あります。その時に、どれを優先して取り掛かるか自分で判断できないと結構詰みます。
3)相談と謝罪ができる
困ったときに誰かに相談できる、悪いことをしたら素直に謝る。最近できない人が多いなあと思ったり。
(謝罪が出来ないことに関しては、自分が悪いと思わないと出来ないのでなかなか難しいんだけど)
相談相手がいないというのは結構まずいので、そういう相手を作っておくことは重要だし、その程度には他人と交流がないと色々と辛いと思います。
ちなみに、相談相手って、すべての相談を同じ人に振る必要は全くないし、困ったときに友人に相談して適切な人を紹介してもらってアドバイスでもいいと思うのです。
4)ある程度他人とコミュニケーションが取れる
……個人的に一番重要だと思ってること。
イベント主催というのは、もちろんサークルさんや参加者さんともある程度顔を合わせたり挨拶したりするわけですが、それ以上に会場の人との打合わせでちゃんと説明できるかというのがあります。また、都産貿のように複数イベントを同時に開催する場合、他イベントの主催・スタッフさんとも打ち合わせする必要があったりします。その時に会話が成り立たないとさすがに無理だよね(たまーにいる)。
何でもお任せします!も結構困るんですが、うちのやり方はこうですから!みたいに押し切って相手の話も聞かないってのもやっぱり困る。そのへんうまいところ調整が付ける必要はあるわけで、その程度にはコミュニケーションが取れないと難しいと思います。
5)地味な仕事もきっちりこなす
主催業務って、特に事前業務はひたすら地味な作業です。こういうものもすすんでこなせない人は大抵途中で中止宣言します。
もちろん友人に手伝ってもらうのはありなんだ。全部自分でこなす必要はない。手伝ってもらったらお礼が言える人でないと、その時良くても人は離れていくけどね。


……別にそんなに難しい話はしてないです。
実際イベントを成功させるには他にも条件があると思う(何をもって成功とするかにもよるけど)。
宣伝という意味ではフットワークが軽くないと!とも思うけど、これにしたって誰かに頼むことのできるコミュ能力があれば意外となんとかなるしなあ。

ああ、うん。
今ってイベント新規立ち上げって難しかったりするけど、新人さんは応援したいですね。
……もっとも、私も人の子なので、罵倒する相手に対して支援しようとは思わないですが。