色々なものに首を突っ込んでいるともっぱらの噂なこうみょうさんです。
……本人は首を突っ込んでいるというより、周りから話題が回ってきて、それについて思ったことをつぶやいているだけなケースが殆んどなんだが、まあ、周りから見たらそう見えるんだろうなあ。そう見えるならしょうがないなあと最近は思っております。

反省しろよというツッコミは禁句。

この記事は【何に】とかってのは明記しないでただ単にぼやくだけの記事です。
私の現状を知ってるかたは【何に】ついてぼやいてるのかわかると思うのですが、実は少なくとも3つくらい同じぼやきしたいことがあるんだなという何か。


正義の反対は悪ではない、もうひとつの正義である!

ってクレヨンしんちゃんでもいってた気がするが、一番最初に言ってたのはなんだったかしらん。
最近、【正義】の名のもとに暴れまわってる人が多いなあと思います。
で、それが本当に正義かと言われると、正直首を傾げるばかり。
もちろん、私が【それって正義?】って首を傾げる根拠になっている考え方が、正しいか間違ってるかはわからない。自分なりに考えてこれは正しい、これは間違ってるって思っているけど、本当に正しいかどうかは誰にもわからないと思う。
また、本当はただの嫉妬だったり私怨だったりするだけなのに、何らかの大掛かりな理由をつけて相手を批判している人がいたりしてるなあと思います。自分に対してじゃないんだけど、ちょっととあるところで延々続いてるのだ。

ぶっちゃけると、自分に被害が及ぼされなければ放置してていいかなと思う程度には、私自身は薄情な人間です。
つまりは、その、ね。察して。

良い人ぶって!って言われるの覚悟だけど、自分は私を叩く人たちを叩きたくないんですよね。理由は色々あるんだけど、相手を叩くことで自分にメリットが何もないってことを表向きの理由にしています。
ただ、哀しいなあと思うのはどんな場合もそうだったりする。

多分、彼ら彼女らからすれば、叩いてる相手の行動は【悪】であり、【正義】である自分たちを脅かす存在であり、したがって【悪】は叩き潰さねばならない!ってことだと思います。そして、叩き潰さねば【悪】が大多数に認知され、本来【正義】であるはずの自分たちが叩き潰されてしまう!ってことなんだろうなあ。
(あえて想定の形で書いてます)

彼ら彼女らに共通することは「自分たちは話を聞くよ!いつだって聞くさ!」というポーズをとっているのですが、いざ【じゃあ対話しましょう】とこちらからアクションかけると逃げること。あったら殺されるとか色々言ってるのは知ってますが、さすがにそんなバカな事はしない。100%宛の言い分が間違ってるとも思わないので、そういうところは聞かないとわからないし。単なる誤解ならその誤解は解いたほうがいいと思うし。別に直接会う必要はなくて、メールとかでもある程度対話は出来ると思うんだけど、そういう手段をすべて拒否される。んでもって、彼ら彼女らのテリトリーに引きこもって、相手の悪口をあることないことないこと吹聴する。
……百歩譲って全面的にこちらが悪かったとしても、弁解の機会がないんですよね。
それでは、誤解混じりの【彼らが見たい相手像】でしか、相手は語られない。

見たいもの、欲しい物だけが真実なんだろうなあと。
それって、そのものをちゃんと見てないってことだよね。

だから、哀しいなあと。

四角錐は横から見ると三角形だけど、上から見ると四角形。
私自身が両方見れるといいけれど、必ずしもそう見られるとは限らない。そういう時、誰かに指摘されて初めて気づくってことはよくある話。
そして、指摘されて自分で気づいたからこそ、自分はいろいろ考えられるようになったし、いろんな物の見方もいろんな考えを持つ人達とも出会えたと思ってます
だから、【私を敵視してる】だけで付き合いを絶つってのは愚策だと思ってるし、【間違ったこと言ってる(と自分は思う)から相手の意見なんか聞かなくて良い】ってのも愚かなことだと思ってます。

でもなあ。
こんな事考えたとしても、相手には伝わらないだろうってのは見えてるんだよなあ。
んでもって、こういうことで気に病んでるより、自分のことをわかってくれて楽しく会話できる仲間たちだけで世界を作ったほうが、生きるには楽なんだよなあ。

そう考えると、なんでそんな事思い悩むんだろうなあ、私。








私が間抜けなんだろうなあ。