同人系イベントにかぎらず、何らかの催し物にBGM、音楽は必須になりつつあります。
…じゃすらっくとかがうるさいよめんどくさいよ高いよって時々言われますが、本来音楽を使用するときはそれぞれの権利者に個別に連絡して許可を取らないといけないものです。これが同人作家でどっかのイベントで顔合わせできるよ!って関係だったらなんとかなるけど、プロミュージシャンの音楽だとどうするのさって話であり、ぶっちゃけじゃすらっくさんにそのへん委託してる曲だったらそこにお金払って使うよ!っていうだけで解決するので、労力は楽です。金額…については、たまに誤解されてるなあと思いますが、イベントBGMとして使う場合はそんなに高く無いです。各地方ごと、会場の広さ(もしくは人数)によって変わるのでその辺は各自聞いたほうが確実です。あえて金額ぼかしますが、うちのイベントの場合1sp代金くらいでした。

さて。そんなイベントBGM。
あれを流す理由ってのは色々あります。
ひとつは、会場の雰囲気を盛り上げるため。もう一つは、会場のがやがや感が気にならなくなるようにするため。
言ってることが逆に聞こえますが、実はこういう目的なのです。変にがやがやしてるとうるさいって思うのが人間なのですが、音楽かけておくと気にならないし、むしろ好きな曲がかかるとテンションが上がるという摩訶不思議ながらなかなか素晴らしい仕組み。
ですので、オンリーイベントとかですとそのジャンルに関係する曲をバンバン流すというわけ。

普通はこのくらいの役割くらいしかないのですが。
私主催のイベントにはもうひとつ役割がありました。
これは単純に私個人の事情により持たせざるを得ない役割でして、ぶっちゃけて言うと当初BGMをかける目的はこれだったという。

 

私主催イベントでのBGMの役割。

時間を知らせるもの。


……これ、本当に個人的な理由なのですが。
私、腕時計できない体質なのですよ。金属アレルギーとか革アレルギーとかじゃなく、何かが腕にまとわりついていると全身がゾワゾワしてくるのです。
(最近になってようやくこれがなんなのか判明した)
ちなみに、腕以外にも首や指とかも駄目なので、指輪もネックレスもイヤリングも駄目です。
こういう体質なので、腕時計をするという習慣がない。時間はケータイで確認する人です。
イベント開催にあたって、時間通りに行うってのは結構重要なんですが、腕時計がつけられない人がどうやって時間を確認するのか。ちなみに会場内の壁面に時計はなかったのです。
……今思えば、卓上の目覚まし時計を1つ持ってくれば解決だったんだよなあと思うのですが、何故かその時そういう発想がなく(理由は目覚まし時計もケータイだったから…)。
あーうーと考えた結果、ひらめいたのが。

BGMを流して、その曲順を覚えていけば大体の時間は分かるよね!

だったのでした。
イベント1回目は4時間分調整してただ流すだけだったのですが、何回かやる度にいろいろルールを作っていって私(とスタッフの一部)が曲名と順番を覚えなくても曲調だけで何となく時間が分かるようにしていったりとか。1時間単位でテーマを決めてそれに合わせて選曲して行ったりとか。
基本的に盛り上がるような曲と落ち着く曲を混ぜて、そのへんコントロールできるといいよなあといつも思いながら色々と。
やっております。

……最初の頃は「BGMなんだから、できるだけインストもので!」という理由でジャズ・フュージョンばかり選曲しておりましたが(それでもタイトルにジャンルに関係のあるものをかなり混ぜるようにしていましたが)、3回目くらいからJ-POP系を解禁してみたところソッチのほうが反応良かったので、最近は歌モノが結構多くなっていったりとか。
基本的に音楽に関しては素人の域を出ていないはずなので、プロのDJさんとかに選曲見てもらうと笑われるかもなーと思ってますが。

あのBGMは、私個人の時計代わりだったのよ!という自己主張。

……あ、曲目順番全部覚えているのかって質問ありそうですが、さすがに自分で選曲すると覚えてるよ…。それとは別に、曲順リストは用意していきますが。

ちなみに。
こんな理由でBGM流してるところはそんなに多くないんじゃなかろうか。
つまり何が言いたいかというと、なんの参考にもならない情報ってことです。はい。