黒バスの件。一部書店撤去などと混乱が起きております。書店によって対応にばらつきがありますが、個人的にはどの対応も正しくて間違ってると思う…というか、ベターはあってもベストな対応はないんじゃないかなあ。
これについて大学の教授でリスクマネジメントが専門という方が「撤去が妥当。何かあってからでは遅い!」と言って物議を醸してるようです。
http://thepage.jp/detail/20131031-00000005-wordleaf

…言いたいことはわかるけど、撤去したからってテロされない、さらなる脅迫はされないって保証はどこにもないんだよねえ…辺りを感想としておきます。


…正直、こういう脅迫状をもらった時にどう対応すべきか?と言われると、結構難しいのよね。
もしかすると便乗犯で、世間を騒がせてる脅迫事件を模倣して、その反応を見て「ここは脅迫に応じる会社だ」という判断に使ってるかもしれない。となると、次はさらにややこしい脅迫を受けることになるよね。
もしかすると本当に黒バスが嫌いなのかもしれない。とすると、撤去に応じなかったところがあるという理由で、撤去したしないにかかわらず何らかのテロ行為をする可能性もある。
逆に、すべての書店が撤去したとすると(まずないが)、今度は逆に「なぜ撤去したんだ!」という暴動や脅迫が起きるかもしれない。

これらを考えると、実は対応として一番リスクが少ない方法って「無視を決め込む」じゃないかとも思えてくるのです。騒ぎはあるけど、うちにはきてませーんしりませーんと言い切ってしまう。
もちろん、リスク0にはならない。残念ながら。そこは強調しておきます。

っていうか、みんな若干忘れがちだけど、こういう時にリスクを0にする方法は、
「さっさと真犯人を見つけだす」
ことだからね。模倣犯含め。
それ以外にリスク0にする方法はない。
脅迫に応じようと応じまいと、リスクの確率はそんなに変わらんのです。
同人イベントの場合、正直やろうとやらまいと、あんまり危険度は変わらない。んだが、それを理由に会場側から貸出拒否を言われたらどうにもならないゆえに「中止は悔しいけどやむなし」かなあとは思う。会場が物理的にないから!
(と考えると、最低2イベントは脅迫状届いてたのにどっちも開催した金沢ってマジなに)

判断はそれぞれ思うところがあるわけで、それ自体は尊重しないといかんなとは思います。ただ、脅迫に応じないところはリスクマネジメントがなってない!と肩書きついた人がいうのはどーなんだろうねーとは思うのです。
というより、「早く警察は犯人見つけろ!何やってるんだ!」くらいは言った上でじゃねーかなーと思うのです。

ええ。
この事件の犯人も逮捕できず、脅迫に応じろって世の中だと、そのうちくるのは模倣犯による「東京オリンピックを中止せよ。でないと開催中にテロを起こすぞ」だと思うんだよね…。
(その前に各企業に対し「輸出をやめろ」だの、食品原料などに対し「輸入をやめろ」とかがきそう)

つまり。
リスクマネジメントのため、
「早く犯人を見つけて事件解決してください、ゆうしゅーなけーさつかんの皆さん!!!」
と言いたい。