黒バス関係で脅迫状を送っていた犯人が逮捕されて、起訴されて、第1回公判が行われたわけですが。

……実は本業がこのタイミングで忙しくなってしまい、ちゃんとチェックしてませんでした。
TVのワイドショーでは見たんですけどね。

 http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/20140315-00033576/
 http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/20140315-00033579/

書き起こしがあるので読んでみたものの、なんつうかその、という感想がまず出たのが1つだったり。

 

「たとえ犯罪者であろうとも、誰かに注目され、新聞やTVなどに名前が載るというのはヒーローである」
という考えを持つ人が、少なからずいます。この犯人も、そのタイプなんだなと。
犯人が逮捕される前、「懸賞金とか出して犯人情報を提供してもらえば!」という話が出たことがあったのですが、
「懸賞金とかが出るような注目される犯罪となると、犯人でもないのに犯人だと自己申告する謎の思考回路の人間が複数登場して、警察の捜査を(本人は意図的じゃないんだけど)邪魔することになる」
という話になったことがあるのですが、多分、この犯人も「懸賞金が出ることになったら自ら出頭するタイプ(でも証拠があやふやだから逮捕できない)」パターンの人間なんでしょうな。

で、今裁判で自分を見ている(犯罪者としてだけど)。注目を集めてる!俺ヒーロー!みたいな匂いが、文面からプンプン漂ってるのな。

あれだけ長い文章を読んだんだけど、自己陶酔が甚だしくてなんというか、その。
あと、死ぬ(死刑になる)ことで、自分の中の神に対する殉教者になろうとしてるというか。

救いようのないというか、自分勝手というか、なんというか。

ただ、こう言う思考パターンの人は、思ってる以上に存在するのを知っているのです。それはオタクと呼ばれる中のごく一部だったりしますが、そうじゃない世界にもちらほらと。ただ、実際に犯罪を犯すかというと、またそれは別の話なんですが。

たぶんこれ、せいぜい懲役何年レベルだと思うのです、判決は。
もしくは、事実上の無罪で精神病院送りか。
さすがに死刑にはならんと思うんだ。
というか、こういう奴は生きて罪を償わないといけないと思うのです。死刑も自殺もさせない環境に一生起き続けることが、本当の贖罪な気がしてならんのです。
懲役刑が終わったら自殺する、それもみんなに知らせる方法でとか言ってるくらいなんで、自分の犯した犯罪も、自分の死さえも「ステキなパーティ」でしかないんだよね。最後まで(自分の中で)ヒーローである!に酔っていたいんだよね。
となると、絶対自殺できないような方法を考えないといかんなあと。罪を償うってそういうことだし。
(ただ、無期懲役刑や精神病院送りとかって、結局税金で賄ってるわけで、こいつが反省できずに生き続けるために被害者が金を負担し続けないといけないっていうのは、理屈はわかるけど納得出来ないよな)

気になってるのは、これは刑事事件の公判なんだけど、被害を受けた会社などの賠償金訴訟が今後発生する可能性が非常に大きくて、その民事裁判の方。
(可能性とか言ってるけど、ほぼ確実に起きると思うんだよね。犯人が精神病院送りじゃない限り)

……少なくとも、本人に支払い能力はないよね。
どうするんだろう、この場合。
一生働いて返す、というのが本来のセオリーだけど、こいつの意見陳述見る限りは刑務所出たら自殺する!とか言ってるくらいだし、賠償金払う気全くないじゃないですか。
どっちかというと、こっちのほうが気にはなっているわけで。

もっとも、民事裁判の方は刑事裁判が終わってからやるんじゃなかろうかという気はしてます。
犯人の親や親戚関係に訴訟いくのかな。
下衆な考えなのは自覚してるんだけど、犯人の意見陳述がいかに身勝手で自分に酔いすぎてるがゆえに、そういう方しか興味がなくなってるのも事実だったりします。

なんつーか、だめだこいつ。
としかいいようがないのよね。