実は6月の間、ずっと忙しい+体調不良でした。そうは見えなかったと思うけど。
んでもって、現状もあんまり体調が良くなかったりします。だるいというか、眠いというか。どうも病気のせいらしいんですけど、まあ、うまく付き合ってくしかないんでなあ、この病気は(今のところ治療方法なし)。
他の病気を併発しないようにだけはしたいと思います。

というわけで、本題。
コックローチ武田の畑作日記の最新日記を読んでですね。 
特に後半部分、いろいろ考えてしまったのですよ。

あ、そのまえに。
武田さん、今までお疲れ様でした。
ゆっくり休んだあと、創作活動がんばってください。
そして、もし気力が戻ったら、別の形でいいのでイベント主催復活してくれるといいなあと思ってます。
ありがとうございます。そして、待ってます。


 

考えてしまったこと。
それは、「創作活動とイベント主催の両立の難しさ」です。

自分なんかもサークルもちで、イベント主催もやってるわけですが。
他にもサークルもちで自分で創作活動(1次2次問わず)やってて、その上でイベント主催やってる方は非常に多いわけです。
ただ、そのイベントが単発は別にして、継続開催主催をやりだすと、創作活動がおざなりになりがちというか、書いてる(描いてる)暇がなくなってきます。
武田さんもずっと新刊が出てなかったし、他にも何人か新刊が出てない人を知っています。
(注:ここで言う「新刊」はその人のサークル名義で出る同人誌を指しますので、パンフレットの中でマンガや文章を書くとかチラシ絵とかは除外しています。そういうのは【新作】とうちのブログでは使い分けていたりします)
自分が創作活動をしてて、そういう人達の本が読みたい、そういう人達が集まる場を作りたい、集まって自分のモチベーションを高めたい、参加者のモチベーションも高めたい。
そういう気持ちで主催を始めてる人が多いと思いたいのですが(イベント始める理由は人によるだろうので決めつけはよくないのですが)、なぜか、主催を始めると新刊創ってる時間がなくて、何年も新刊ありませんになっていくのよね。

自分はまだましで、新刊は継続的に創っておりますが、それは定期イベント開催とはいえイベント会数が少ないからというのがあると思います。とはいえ、イベントサークルDOHとしての活動は少しずつ増えていくので(イベントの方ではちゃんと明記してませんが、金沢・本オンリー「BOOK RADiANCE」やワークショップ「かがやけ!どうじんし」などを主催している【イベントサークルDOH】の代表は私です)、今後新刊作成回数は減っていくのかもなあとちょっと思っています。書きたいネタが減ってるわけじゃないんだけどね。このタイミングで某戦隊モノにはまってる私がおりますしw
ついでにいうと、自分は9時5時フルタイム勤務なサラリーマンではないというのも、創作活動を続けられる理由なのかもしれないとは思ってます。 会社に行ってる時間に創作活動やイベント活動についての事務処理をやる時間はそうそうないし(会社によるとはいえ)、帰ってきてからみんな創作活動やるわけで、それよりイベント事務処理のほうが優先すべきになると考えると、それが終わってから創作活動出来るかどうか。
……難しいよねえ。時間的に。

なんか、他の人の本も読みたい、自分の本も読んでもらいたいという場を作ってる人の作品が創られないってのも悲しいし、なんか本末転倒だよねと思ったりしてしまいます。
主催は同人誌なんか作らなくていい!イベントだけ開催すればいいんだ!という考えの人ばかりならそういう方向にならざるをえないのかなあと思うし、実際同人誌は作らず主催業だけやってる人もいるわけで、そういう人達が私がやりたいようなイベントやってくれるならそれに越したことはないんだけど、そんなことはないわけで。

今はイベント主催と創作サークルの両立ができているのですが、この先どちらかしか選択できない、どっちかを捨てないとどっちかをやる時間が創れないとなったら、自分はどうなるかなあとちょっと考えています。
今そうなったら「主催をやめて創作活動1本に絞る」って答えるけど、実際にそうなった時にどっちを選ぶかはわからないですからねえ。

……時間がたくさんあったらいいんですけど、時間はどうしても有限ですから。
そして、主催の事務作業って、表に出てこないところで細かい物がいっぱいありますから。

と、今後イベント主催したいな!と考えてる人にとっては脅しに近い内容になるのは不本意なんですが。

主催をやるからには、少なくとも決まってるもの、告知した分までは最後まで投げ出さずやるべきだと考えるので、創作活動との天秤って難しいとは思うのですが。
でも、同人関係のイベント(即売会だけじゃなくて)がそういう「主催がいない」からなくなるのは悲しいよねえと思ったりするのです。

……即売会そのものは、別の理由で形が変わっていく可能性はあるんですけどね。