新年早々インフルエンザらしき何かに羅患してようやく復活した濱澤です。
……あのね。マジでインフル診断食らった人は、熱が下がったからってコミケに来るな!
まさか10日以上も寝こむハメになるとは思いませんでしたわ…。ちなみに、仕事は復活しておりますが、体調的には最悪で、現在リンパ節があちこち腫れ上がっております。顎の下も腫れてるせいで「おたふくかぜ?」と言われる始末。おたふくではないんだけどねー、ちょうど奥歯の真下のリンパが腫れてるんで虫歯みたいな痛みがず~っとするのよね……(注:歯医者で確認済)。

……友人たちへ。お前は元々リンパの働きが研究検体レベルで異常だっただろとかいわないこと。

例のアレに関しては、なんか動きがあったとかなかったとか色々聞いてるけど、現状まだ何も動いてないと同じらしいよ(私信)。

というわけで、生きてる証明兼ねて何か記事を書こうかと。 

 


むかしむかしあるところにももたろうがおりました。
桃太郎は鬼退治に行こうと思いましたが、仲間は犬しかいませんでした。
不安に思った桃太郎は猿を仲間に誘ったところ、猿は雉を連れてやって来ました。
雉は猿と共謀して桃太郎に襲いかかり、ついでに犬にデマを吹き込んでももたろうを裏切らせることに成功。
こうしてももたろうは味方だったお供の者にフルボッコにされてしまい、鬼ヶ島につく直前で死んでしまいましたとさ。

なお、ももたろうを襲った雉は「ももたろうは偽物なり、われこそが正しき鬼退治をするものなり」と吹聴し、猿も「あのももたろうが怪しいと思ったから味方のふりして退治したんだぜー持ってたきびだんご偽物だったって雉が言ってたし!」と自慢気に語ったことが真実として流布されたため、今でもももたろうは鬼ヶ島からのスパイとされ、猿と雉が本当の勇者とされているのでござる。

おしまい。


……何がっていうのは聞かないでね。
いやさ。諸行無常の響きありってこういうのを言うのかなと(違います。





えっと。
冬コミで当スペース(もしくは別スペース)にて「いろいろと見守ってます」というお話をたくさんいただきまして、ありがとうございます。
どっちかというと、私がどうこうできる段階ってすでに過ぎておりますゆえ、いろいろの話を早くしたいのでございますが、まだ時間が必要とのことですので今しばらくお待ち下さいませ…。 

そろそろ、きびだんごが本物なのか偽物なのかくらいは、公言していいと思ってるんだが。
(そしてこの場合、本物と答えるのが正解なのか、偽物と答えるのが正解なのか大混乱するに一票)