好むとも好まざるとも、同人イベントのトラブル見届け人になっている濱澤です。
……トレジャーでもあれやこれやの話が出るわけですが、通路を挟んだ隣がサンクリのスペースだったから仕方ないよね!(意味不明

そんな私自身もとある方に嫌がらせを受けているわけですが。
(彼が味方だと思ってる人たちが、ほぼ私に同情的だってあたりで事実関係を察してほしかったりする)
(しかし、人の話聞かない人なんで、どうにもならんのだよなあ)

Twitterでの嫌がらせ、リアル即売会での脅迫行為(ガチで入院しました)、思い込みによるデマ、偽りの人権侵害申し立てによるブログサービス停止行為(この件については、弁護士さんと話し合ったところ「明らかにブログサービスが権利濫用してるので訴えたら勝てるけど、無料のサービスに100万のお金突っ込める?」で放棄したという経緯がある)。

ここまでやられても警察もどこも動かないというのが、トラブルの解決の困難さであります。
……そりゃあそうだよなあ。半分くらい民事事件だし、そもそもリアル脅迫行為って証拠が残らないんだよなあ。
(該当イベントのスタッフさんに「防犯カメラの映像とかない?」って聞いてみたけど、普通に考えなくてもそんなもの会場を借りているイベントスタッフレベルがどうこうできるもんじゃない)

 

相手は「謝罪さえすれば許しますよ」と公言しているわけですが。
彼の別のトラブルのグダグダ感(謝罪会見したといった翌日に相手の悪口言いまくってる状態)を見る限り、謝罪したことすら覚えられないんじゃないかなと、結構諦め顔だったりします。
主催するイベントの妨害までやるんだーとも思ってるけど、別に嘘八百かきたててイベント妨害する人って彼以外にもいるしなあ。

ついでにいうと、こっちが謝罪した後、じゃあその後お前がやったことについても罪を認めて謝罪してくれるのかという話もある。どう考えても、「正当防衛」だの「先にやったのはそっちだから謝罪する必要はない」というのが見えてくるわけで。
なんつうか、ネットでの殴られって、基本殴られ損だよな~と思っています。謝罪にしたって、連絡方法全部塞がれてるんだよなー。
……そして、彼が該当ブログ削除行為に出たおかげで、彼の言い分の証拠が残っていないので、彼のほうが「証拠もなく誹謗中傷している」ことになるのは、どうでもいいんだろうか……。
(警察に聞いてみたけど、Web魚拓は大した証拠にならんそうな。そして、「その人の話いろいろ来てるんだけどねー」で終わったあたり、警察さんも大変なんだなーと察したでござる)

……相手を否定したところで、何も解決しないんだけどね。
んなことはわかってるんだけどね。


許してよ、といったところで、向こうが100%正しいと認めないとそれは「謝罪」とみなされないんだろうなあと思っています。
……その前に、空とぶ手裏剣関係者の個人情報をメールで送りつける行為があるんだけど、そっちは公開されてないからノーカン扱いだろうしなあ。それって「個人情報流出させてる」ってことになるんだが。
(ちなみに、私はそのメールすべて消去済みです。ただし、同じメールをBCCでとある方に送っていることを把握しておりますので、その方は黙って持っているかもしれない。という時点で、実はそこダダ漏れ状態なんだよなあ)
どっちが先なんだという話をすると水掛け論にしかならないのはわかってるので、放置しておくのが一番なんだろうなあと思ってます。
ただ、身の安全は確保したいと思うのが人間の心理なので、そういうときはそれなりの対応を考えておかねばならんのだろうなあと考えるのが非常に気が重たい。 


なんだろうね。
「俺、関係者になりました!」と宣言して「関係者だから個人情報いじって(信用できる)友人になげてもいいもんね!」をやったのはどっちなんだろうと今でも思ってるあるよ。
今更、なんだろうけどね。

あと、彼の中では「自分が関係者になったと最初にばらしたのは濱澤!約束違反!」というのがあるんだろうけど、そろそろ最初にばらしたのは私じゃなくケットコムさんだってあたり、都合のいい記憶改ざんやめていただきたいと思うなり。


……結局謝罪する気もなければ、トラブル解決させる気もないだろと言われそうなんですが。
結構ぶっちゃけた話、この件解決する前に、自分の寿命が尽きると思ってるので放置したほうがいいんじゃないかなと思ってるし、異口同音でいろんな方(彼が迷惑かけたイベント主催さん含む)に放置しろと言われてるので難しいよねと。


同調圧力じゃなく、貴方自身の信用度が皆無なんだけど、見ないふりして利用してるだけの人たちがいっぱいいるってことに気づかず「同調圧力だ!」と正義っぽい何かを振りかざしてるのって、悲しみしかないよね。