たまごセンセーが浦賀中止説明会の書き起こしを作成・公開されました。
そもそも浦賀中止説明会に関しては、録音が許可されており、またネット生放送も「顔などは映らない状態」という条件で許可されておりました。実際やろうとした人はいたっぽいけど、誰もやらなかったみたい。
録音の書き起こしの公開の是非ですが、そもそもネット生放送ですらOKが出ていた説明会なのでなあ。
そして書き起こし公開に対して抗議・削除要求できるのは、浦賀の主催・コアスタッフ程度じゃなかろうか。

ものすごくどうでもいいが、私が持っているこの日の録音とたまごせんせーの書き起こしのタイムスタンプがきっちり38秒ずれてるってのが面白いなあと思ってます。
まあ、録音した人が違えばそうなるわな。

で、な。
この件に関して司直に委ねるべき、有志検証など邪魔になるしただのリンチじゃねえか!という意見を言ってるのが別案件でそれを真っ先にやろうとして挫折したお方だというのはどういうことか。過去のことにこだわるのはあんまり好きじゃないんだけど、さすがにまともな謝罪もないまま未だにデマを流し続けてる段階で、そりゃあねえわとしか。

それはともかく、司直に委ねるべき案件なのはそのとおりなのです。
そのとおりなんですが、司直に委ねるところに持っていくのが大変なんだよなあ。


 

警察ってさ。「こんなひどいことされました!助けて下さい!」といって助けてくれるところと教育されてるんだけど。たいていは「次から気をつけてね」なんだよね。よっぽどのことがない限り、そう簡単に動きません。
(まあ、表立って動けないのが捜査と言わればそれまでなんだが)
で、さあ。
この件動いてくれるのかねえという疑問があったりします。
論より証拠、まず告訴しちまえよ!ってのがありますが(あ、なぜ被害届じゃないのかというと、被害届はあくまで届けであり、必ずしも捜査してくれるとは限らないからです)、告訴は被害者、つまり小川さんの役目なんだよなあ。

あ、民事訴訟?
このイベントにお金つぎ込んで、しかも中止でサークル返金してる小川さんのどこに、民事訴訟やる金があるんだ。ついでにいうと、民事訴訟やる前にやらんといかんのがサークル返金だ。これが終わらない限り、そこには進めない。
(連絡が無かったり支店名不備再連絡待ちだったりで10サークル以上が終わってないそうな)

そんなわけで、いつそっちが動くのか、そもそも動くのかわからない状態で、でも同人業界(?)の何処かに犯人がいるわけですよ。理由はともかく、嘘を使ってイベントを潰したバカが。その嘘も企業とかの名前を勝手に使ってるわけで、実は自分のイベントのスタッフが、実は隣のサークルが犯人だった!とか嫌すぎるでしょ。
それに、今回のケースはその犯人以外にも「バレるわけないよね」でやらかす人は今後も出てくるんじゃなかろうか。 そうならないためにも、脳内シュミレーションの材料は必要かと思われる。

……そういう目にあわないのが一番いいんだけどね。

正直、犯人は司直の判断を仰ぐしかないわけで、そこについてはいつになるかわからないけど結論が出てほしいと思ってます。よく空折の時と一緒にされるんだが、アレともちょっと状況が違うのですね。結果は「中止」で一緒でしょうけど、犯人と被害者の構図が結構違うのよね。
(サークル・一般参加者がどちらにおいても被害者である……と言いたいんだが、浦賀に関してはそれが言い難くなった話がTwitterで飛び出してくるのは一体どういうことなんだ)
うちらができるのは、犯人及び関係者フルボッコじゃないし、個人的にはそれをする意味が無い。してイベントが復活するのかといったら、それは絶対にないわけで。

有志検証においては、「誰が悪いのか」ではなく「何が起きて、そのときどうしたらよかったのか」探しなんだよね。少なくとも検証してる人たちの頭の中は。
(それを読んだ人たちがどう思うかまではさすがに知らんとしか。ゆえに、私はWebでの情報公開を嫌がりだしてるんだよなあ。ただ単に誰かを「悪人」と決めつけてフルボッコして自分が正義の使者!ヅラしてる人に餌を与える悲しさってのがあってね)