リハビリ兼ねたテキストなので、同人あんまり関係ないどころか、ただのひとり語りだったりします。

今日(テキスト書いてるうちに日付変わってしまったので、正確には昨日ですが)、誕生日でした。
おたおめメールとか貰いつつ、そういや子どもの時って何になりたかったけ?なんてことを考えておりまして。

大きくくくると、子どもの時から、自分の将来の夢ってあんまり変わってないなあとぼんやり。
そんなことを考えていたという単なる記録。

 

子供の頃に思い描いてた「将来の夢」。

保育園くらいの頃は、洋服を作る人になりたかったと記憶しています。
小学校上がって、洋服を作る人(服飾デザイナー)になるには絵がうまくないとなれないと学校の先生に言われ、当時の美術クラブ担当の先生に絵が下手くそだとこっぴどく酷評されて、そこはすっぱり諦めた記憶が今でも残っています。
その後音楽家になりたいなと思いつつも(保育園時代からエレクトーンを習っておりました)、同じ学校1学年上にものすごいピアノの上手い人がおりまして、コンクールで優勝したから記念演奏とか(しかも先生にこんなイメージでと言われた単語で即興演奏を披露するという何か)を学校集会とかで披露してたりしておりまして、ぶっちゃけそのレベルにならないと音楽家とか目指しちゃいけないんだと思い、音楽の道は趣味としてやるもんだと悟ったり。ちなみに、この「1学年上のものすごいピアノの上手い人」は有名なジャズピアニストさんになってます。そりゃ、そこ見たら無理だわ。音楽演奏という趣味(エレクトーン及び吹奏楽のパーカッション)は一応高校卒業までは続いていたものの、後は聴き専門なので、今なんか演奏しろと言われても再レッスンが必要なレベル。
小6くらいから小説家になりたい(憧れは氷室冴子先生と花井愛子先生だった)、中3くらいからプログラマーになりたいなあと思いつつ、そのへんも趣味レベルでとどまってるような気がしております、現在は。

うん、昔から「何かを作る人」になりたかったんだなあとぼんやり思っております。それも、どちらかと言うと芸術系の方向が多いなあ。

何かを作る人という夢って、両親の影響も大きいんですよね。
父は溶接工。ファミコンを買ってほしいとせがんだ私(+弟)に三菱製MSX(カートリッジゲーム対応版)を買い与えた張本人。しかも一緒に買ってきたゲームがMSX2対応用で動かない。しかたがないので、付属のBASICで自分でプログラム打ち込んでゲームや音楽作ってた思い出があります。未だになんで任天堂のファミコンを買ってこなかったのか、永遠の謎。 
母は趣味絵かき(油絵の人)で洋裁の人。今はリメイクアーティストになっております。

今から、なりたいものになれるのかなと考えたりしております。
なんとなく、ぼんやりとだけれど、なれるかもしれない程度の光は見えてたりしております。もちろん自分次第ではあるんですが。
といいつつ、ちょっと見失ってるかもなーと思ってたりもしております。

何になりたいんだろう。
自分はどうなりたいんだろう。

そんなことを考える日も、ありだよね。と自分に言い訳しつつ。


何かを作り出す人。
創りだした自分を表現する人。

自己満足でもいいから、そう言う人に私はなりたい。
今年一年、少しでも前に進めたらいいなという願望を書き留めておこうと思ったのでした。