前にも同人誌の価格についてブログ記事を書いた気がしてるのですが。

原価厨を対処したい

無料が一番難易度高い

…今度は、同人誌の価格が安すぎるから適正価格(?)に値段を上げて売れっていうクレーマーが現れたんですって?
※今ネットで話題になっているのは同人CDの価格のようですが。

うーむ。同人誌の価格問題については、割と悩ましいところがあります。
というのも、「趣味だから」という理由でよくわからない取り決めが無意識のうちに形成されており、それがさも当たり前のように延々と受け継がれてしまってるところに問題の根っこがあるからな気がしております。
特に女性向けと呼ばれるところね。ジャンルの長さというより人のほう。

 

同人誌は趣味だから儲けてはいけない


とよく言われます。個人的には気持ちはわかるというか、まあそういう人を否定しないです。
特に二次創作とかですと、人の褌で相撲を取るというか、原作者に申し訳が…!という気持ちは否定しないです。

ただ、本来値段って好きに付けていいのです。
高くつけようが安くつけようが、全責任は製作者が負うという意味で、好きに付けていいのです。
高すぎる!とか安すぎる!とかクレームを言うのは、本来お門違いなのです。
原作に睨まれる?
いや、睨まれるのは周りが騒ぐからであって、サークルが原因じゃないのよ…。あなた達が騒ぐのはサークル原因だったとしても。

もっというと。
同人誌って作者の妄想を形にしたものであり、どのサークルも表現方法や形は違うものです。
※海賊版的なのは別ですが
八百屋にりんごとみかんとなしが並んでて、「100gあたりの値段を統一しろ!」って言ってるようなものなのです、値段の統制って。
もっというと、「八百屋Aと八百屋BとスーパーCにおいてあるりんご全て100gあたりの値段を統一しないとダメだ!」って話になります。しかも、Aで売ってるりんごは「ふじ」で、Bで売ってるのは「むつ」で、Cで売ってるのは「紅ロマン」と品種が違うのにもかかわらず!

いや、おかしいでしょ?


「それはわかるけど、同人誌の同ジャンル同カプってことは、どのサークルも「ふじ」を売ってることになりませんか?それは値段統一しないと不公平でしょ!」

……同じだとしても値段統一しないといかんのかという問題はさておき。

え?自分ら作ってるのって、どれもこれも違いがないって思ってるの?
そんなに特徴の無い本作ってるの?
違うだろ?
自分の子供のように大切な妄想を形にした本だろ?
似たようなネタってだけで「パクリだ!」ってブチ切れたり、逆カプは自分否定だ!とか言い出す程度に自分が出た特徴のあるものつくってるんだろ?
技術はさておき、妄想の内容は大手サークルと言われてる人たちに負けないんだろ?
違うのかよ!!

同人誌の価格というのは、特徴の一つでしかありません。
「その本の内容がわかっていれば」値段で選ばれることはあまりありません。
内容がわからないと、わかりやすい特徴である価格でしか評価されませんので、そりゃあまあ高い本は手にとってもらえないでしょう。手にとってもらうという手段で安い価格をつけるのはありですし。

中身と目的に応じて、価格というのはつけるべきだと思うのです。
だからこそ、値段の付け方に第三者がどうこう言うのは、非常にナンセンスだと思うのです。
値段を統一しろっていうの、要するに「あなたの作品と大手の作品とピコ手の作品、どれも同じ内容ですね」って言ってるようなものなので、全サークルに対して喧嘩売ってると思うんだけど。


……値段であーだこーだ言われたら「喧嘩売ってるんですね」くらい言っていいと思うの。その程度には、自信をもって本作って欲しいなあと思うのです。はい。
実際いちゃもんつけている人たちって、値段以外で作品を評価できない人なの。本人は無意識無自覚なのでたちが悪いんだけど。