盗撮、話題になってますね。
最近の小型カメラは性能が非常に良くなっておりまして、変な話印刷に耐えうるレベルの物も増えております。
また、スマホのカメラの能力も格段に上がっており、ぶっちゃけスマホのみで撮影の鉄道写真を「これどんな一眼レフで取ってるんですか?すごいのつかってますよね?!」と機材ヲタ()を騙せる程度まで向上しております(なお実話。 ※プロを騙すところまでは無理です…

となると、次に起こりうる話。

「遠景などで写り込んだ人が誰か視認できてしまう問題」
「写り込んだ人のプライバシー保護もなくネットにアップできちゃう問題」

です。 


ちょっと前にTwitterさんのアップ画像が劣化するって話があった気がするんですけど、実はこの「プライバシー保護」対策を兼ねていたんじゃなかろうかと思うのです。とはいえ、劣化も限度がありますし、どっちかというと通信量の圧縮の副次的効果ともいえるでしょうが。
まあ、Twitterとか楽ですよね。
写真撮ってすぐアップして「こんな賑わってるところいるよ!」とか「こんな素敵なの作ったの見てみて!」って手軽にできますもの。まあみんなやるよね。

だがしかし。
同人イベントなどにおいては写りたくない、居たとバレると困るという人がわんさかおります。
個人的にはTwitterというネットで散々つぶやいといて写真が出たくらいでどうなんだという気がしないでもないのですが、そのへんは個人の信条に関わるゆえあえて問いません。
嫌だって人もいるよねくらいで流します。

嫌だという人がいるので、関係ない人は加工すべき!という意見があって、割と私はそれが平和的解決方法だと思っております。なんといいますか、最近は思ってる以上にくっきりはっきり写るので、悪用対策としてそのほうがいいと思うのです。いや、人のキャライラストを勝手に悪意あるコラ作成して名誉毀損する馬鹿とかいっぱいいますし(実話。そういうのから自分を守るには、まずあげさせないってのは一理あります。 
また、イベントの規約で「許可なくアップしてはだめですよ」ってのもあります。撮影はいいし個人の記録としては制限しないけど、ネットアップは許可を取ってねというあれ。これも平和的解決方法です。当たり前ですが、着替え盗撮のようなものは、たとえ個人の記録であってもあかんよ。

しかし。
実際問題として、現状制限は難しいのではないかと思うのですよ。
まあ、マナー的に加工アプリ入れて加工して載せようよ!とはおもうのですが、なんといいますかその。
「オープンに育った人」と「クローズで育った人」ではそのへんの個人情報や写真における概念にズレが大きすぎてどうにもならんのですよ。なんというか、ここまでならOKよねってのがぜんぜん違う。
んでもって、自由を謳うイベントになればなるほど、境界線を作るのは難しい。何故なら、境界線を作ることで自由を謳うことにならず、矛盾が発生してしまうから。

と考えると、クローズなイベントを望む人はクローズなイベントを作りそこのみに参加する。みたいな話にしかならん気がするのです。クローズなイベントに人は来るのか?とかクローズなイベントなのに宣伝を全世界に向けて発信したらクローズなイベントだと思わずに来る人が写真撮って全部終わりだよねとかいろいろ問題が山積みにしかならないわけですが。
……後は写真撮影一切禁止(個人であっても)かなあ。自スペの撮影も禁止。取材もお断り(最近はWeb系野良ライターが取材と称して許可なく撮影するケースが多く、運営側でチェックが難しい)。公式で記録撮影はするけど原則非公開。
撮影禁止がいいか悪いかはともかくとして、これで誰かが公開してたら参加者全員フルボッコOKって意味では平和かと思います(フルボッコしていいとは言わない)。

実際のところは「自分の本の宣伝はしたいしスペース可愛く出来たの見てみて!」とは思うけど「参加者が識別できる写真なんて嫌!私が変なの買ってるのバレバレになるじゃない!」という話なので、うまくけりをつけるのは難しいと思います。
となると、次の手段は「写真に加工を施してから公開」かなあと。これもまた、イベントのテンションで忘れちゃう人続出な上に「俺の目では人物特定不可」「いいやこの白いワンピースは確実に私!だから特定可能!」みたいな揉め事も容易に想像できるわけで、正直どうにもならんよねでFAするのが吉かなあと。

ま、テンション高くしてアップしちゃう人を責めても仕方がないと思うので、指摘されたらネット上からは削除するといいんじゃないかなと思います。個人的には、具体的に該当ツイートを指摘してくれたほうが味方が増える…というか、問題のない人が巻き込まれずにすむのでおすすめ。変に広範囲フルボッコすると、かえって拡散されるケースがあるので。

写真問題に関しては、二次創作やってた系女子が多いイベントほどシビアになってるなあと個人的に思います。んでもって、写真関係トラブルが起きるのは、参加者の男女率が半々~3:7くらいなイベント(二次創作は無関係に、サークルかどうかも無視して、単純な性別)が多いなあというのが肌感覚です。

この辺の感覚はイベントの参加者によって割と変わるので……参加せず別の居心地のいいイベントにだけいるのも一つの手法だし、売上とのバーターと割り切るのも手法かもしれない。

Twitterとある種クローズ空間を良しとする同人誌即売会の関係は、結構難しいものがあります。色々な考えの人がいるというのもあるのですが、なにせ同人誌を取り巻く環境が数年前の様変わりしてるわけでして、私が同人誌始めたときと今ではぜんぜん違うわけでございます。
ほら、同人便箋とか!グラデ便箋とか!同人封筒とか!見つけるの大変だし!(ないとは言わない)
あと、ウチラが子供の時流行ってたプラバンバッチが、(アクキーの代わり的に)流行りだしてるし!
なので、暫くはゴタゴタが続くんじゃないかなと思っております。全員が納得する解決方法はないので。
(いや、スペースだけ撮ってる!はずが割りと映り込み多いんですよ…)

という、結論のでないものを頑張って考えたけど、何の成果も得られませんでしたあああああああああ!!(逃亡