前回の続・コミケスペースにホール名記入のススメの続きになっちゃうんですけど。

Twitterでこういう発言を目にしまして。


ブログだとどう表示されるかわからないので補足しておきますと、コミケット準備会公式アカウントからの「宅配搬入物貼付用紙のサンプルをアップした」というツイートを引用RTの形でつぶやいた内容です。また、基本的にフデタニンアカウントは個人のアカウントであり、どちらかというと本業からの立場で発言することが多いため、スルーすべきかとも思ったのですが。発言の内容と発言の仕方を鑑み、これは「コミケットの中の人としての立場として、個人的に思ってること」と判断し、取り上げた次第でございます。

あ、誤解しないでほしいんですけど、責める意図はないんですよ。少なくとも、彼にとってこの「ホール記号重複問題についてはその程度の認識なんだなー」という感想を、私が持っただけなので。





公式発言でもないし、これがすべてだとは断言しないんですが。
  • コミケット準備会は紛らわしいブロック記号が混在していることはわかっている
  • その上で「誤配などの問題はサークル側が気を付けることで防げるはず」と考えている
  • 今後紛らわしいブロック記号をなくすという考えは薄いのではないか

という感想を持ちました。
で、サークル側がホール名を書けば済むことというのは全く間違ってなくて、ゆえに私は前回の記事を書いたわけでございます。

そうなんですけど、ねえ。

この紛らわしいブロック名問題、サークル側の問題で片づけちゃっていいのかなあという思いもないわけではないのです。

まず、誤配問題。自宅搬入荷物というのは郵便局→郵便局委託業者→ホール集積所担当者など複数の人の手を経由して自分のホールの集積所に届き、そこから自分の荷物を探し出して手元に届くわけです。そして、コミケは1日に1万を超えるサークルが参加するわけです。ホール名を正しくわかりやすく書いたとしても、人間の手と目を使っている以上、どこかでケアレスミスは発生するわけです。
また、印刷所直接搬入でミスがあった件も、コミケット準備会は案内を出していると思いますし、それを読まない印刷所もしくはサークル側の申告ミスもあるでしょうが、読んでいても、サークル側が正しく申告しても、どこかでケアレスミスが発生するのが人間でございます。
これが一つ二つなら人力でどうにでも対処できますが、日本最大の同人誌即売会ならば膨大な数を人力で処理するわけで、考えられるケアレスミスを防ぐ対策を行ったうえで、「サークルさんもアピールちゃんと読んでホール名書こうね!」くらいはできないのかなあと思ってしまうのです。

さらに、コミケに長く参加している人ほど「配置図は頭に入っている」問題があります。さすがに東7・8ホールがあるので、そちらについてはチェックをするでしょうが、東1~6ホールについては長いことホール記号に変動がありませんので(日によって消滅するホール記号は存在しますが)、むしろ場所間違いを引き起こすのは長年当日館内を担当しているコミケスタッフの可能性もあるのです。
※さすがにそれはないと信じたいのですが…。

もう一つ、これはコミケット特有の問題かもしれませんが、コミケの場合、注意事項や配置図、サークルリストなどを掲載している「カタログ」は完全任意購入性、つまり事実上の「入場無料」イベントでございます。で、コミケWebカタログとか注意事項PDF公開なども行ってますし、それも告知しています。が、全員がツイッターやWebサイトを見るわけじゃないし、カタログを誰かから借りてでも読むわけでもないわけです。現に、うちの旦那側の親戚(Notオタク)が「この日休みだし、面白そうだから行ってみようかなー」と言い出してる状態でして、そのレベルの人が注意事項を読んで参加するか。公式サイトやTwitterを読むか。もっと言うと注意事項があると考えるかどうか。
入場無料というのは、そういう「何も知らない人」を招き入れる確率が上がります。ゆえに起こるトラブル回避の芽は、もちろんコミケ側がしてないとは言いませんが、もう少し何とかならんかなあと思ったりしています。

ぶっちゃけ、それより面倒な問題がたくさんあるゆえに、優先順位的には低く、サークル側の責任としておかないと事前運用的に限界なんだとは感じています。コミケのスタッフ経験は皆無の人間が思うことなので、無責任な発言に聞こえそうなのは百も承知です。ただ、サークルであり、一応イベント主催経験のある人間からすると「……そういうわかってるトラブルの芽はつぶしておくほうが当日問題減りそうで、当日運用も楽になりそうなのに」と考えてしまいます。

※私はテキストの人なので長い文章を読むことにさほど苦はないのですが、世の中には長い文章であるというだけで敬遠する方も多々おられます。このブログと同じ内容を2~4ページ程度の漫画にするだけで、問題が理解でき、アピールの内容がいかに重要で参加するからには読まねばならんと考える人が増えるのが現実です。カタログに注意事項漫画を入れるのも、そういう人たち対策の側面があると私は考えております…。アピールをちゃんと読まないのも、同様の理由があると考えているのですが、このへんどうなんでしょうか?(このブログに来る人はみな長文慣れしてる人たちばかりなので、ここで聞いても仕方ないのですが)
※だからって、アピールを漫画で描けとは思わないし、それは無理な話です。ぺら1枚で重要点要約文をつけるとアピールそのものはともかくアピールの内容理解にはつながるかなーと思ったりはする程度に、今のアピールは文章量が多いわりに要点がわかりにくくてちょっと読みにくいです、はい。


人のことは言えないだろというツッコミは禁止。実際、あの量を要約する、要点は何かをわかりやすくするのは相当時間がかかると思います。そう考えると、読まれないのもやむ無しみたいな暴言になりそうなのでそれはそれで嫌なのですが。

ともあれ、アピールをしっかり読んだうえで、何が予測できる問題かを察知し、サークル側でできうる対策をとるしかないというのが現状かと思います。
……で、そのうえでサークルは新刊原稿作らないといけないんだよね。
皆参加者である以上、仕方ないけど、少しサークル側の負担大きくね?と思って個人風呂軍に書くことだけは許されると思うのですが。

と、投げっぱなしで終わる。