あるジャンルのグッズについて、作っていいの?悪いの?と聞いてくる方がいます。
同人誌の修正について、どこまでならOKか明確な基準がないと困る!と言われる方がおります。

別に最近の傾向じゃなくて、昔っからそういう人はいっぱいいたんですけど、単純にネットというもので可視化されやすくなっただけなんですけどね。

いいのか悪いのか、どこまでならOKかとか、疑問に思う事自体は問題ありません。
けれど、それを自分で判断できない、人任せ(公式やイベントにルール作成を求める人)は同人誌や同人グッズを作っちゃダメだと私は思っています。

なぜ私がそう思うかというお話。



1.同人誌や同人グッズ作成の全責任は、製作者にある

同人とは個人の思想が反映されたものでもあります。上手下手とか売れる売れないとかという次元の話とは別に、「作ったのはあなたでしょ?誰かに作れって命令されて作ったわけじゃないでしょ?」という根本的かつ基本的なことが抜けている方が、非常に多いなと思っております。
何かを作る、発表するということは、それに対する反応はすべて製作者(サークルとか作者とか)のものです。いい反応も、悪い反応も、それは全部製作者がかぶるべきものです。
※かと言って、脅迫事件とか殺害予告とかのような犯罪的な反応が来ると、話がややこしくなりますが。

なので、自分で全責任を負えるのだったら、無修正本とか作っていいんだよ?

2.同人誌や同人グッズの制作・頒布には色んな人が関わっており、関わった人にも連座で責任が及ぶ

自分で全責任を負えるのだったら…とはいいましたけど、これが自宅コピー機で作ったものならともかく、印刷所とかグッズ制作工房とかで作ったものになりますと、印刷屋さんやグッズ制作工房さんも「幇助」という罪に値します。「作者が全責任を負うと言ったから作った」と逮捕されてから言っても、言い訳にしか聞いてくれません。もちろん、作者よりは罪が軽くなるとはいえ。
また、同人誌即売会で頒布する行為も、いくら「自分が責任を取る」と作者本人が言ったとしても、やっぱり「幇助」の罪に問われてしまいます。
逮捕される、罪に問われる可能性のある印刷お断り、頒布停止措置というのはそういうことです。

3.ただし印刷屋さんも同人誌即売会も「わいせつ」チェックのみで検閲はしていない

「検閲」というのは、内容を確認し問題があるところを修正させる行為なので、コミケの見本誌確認と同じものと考えている人がいます。しかし、検閲による修正範囲は何もわいせつに限った話じゃなく、本の内容に現れる思想(例えば該当イベント批判や特定カップリング禁止など)に対しても規制をかけることを指します。同人イベントの見本誌確認や印刷所さんの指摘は、すべて「わいせつ罪に問われるかどうか」のチェックのみであり、その本の内容については一切指摘していないという事実を頭に入れてください。

4.わいせつには基準がないゆえに、これで罪に問われるのたらサークルと一緒に戦うためにチェックする(こともある)

わいせつ罪においての「わいせつ」には、実は明確な基準がありません。
正確には 「徒に性欲を興奮又は刺激せしめ、且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義に反するもの」という判例はあるのですが、結局どういうことよ?というのが現状におけるわいせつです。
ありていに言ってしまえば、その時の社会情勢や取り締まる側の胸先三寸で決まるという非常に困った概念なので、明確な基準を出すことができません。
故に、作者が「これは問題ない」と思ったものを印刷所はチェックして「これなら捕まらない」と思い印刷し、即売会側もチェックして「これなら捕まらない」と頒布許可を出します。逆に言うと、印刷所側が「この作品のこの状態で捕まった場合に責任を負いたくない」と思ったら修正依頼か印刷お断りを出しますし、即売会側も「これで逮捕はサークルの味方が出来ない」「多分俺たちも連座で捕まる」と判断したものは修正依頼(墨塗りですね)か頒布停止を出します。
※ちなみにコミケなどのサークル巡回担当者は自分が責任を取りたくないあまりに問題がなくてもサークル販売一時停止札を乱発する方がおりますが、この場合の戦う責任者って主催であり担当者じゃないのよね…。内部的にはどうなってるか知りませんが。

余談ですけど、印刷所のわいせつチェックは「幇助」の罪に問われる可能性がある故にやってることで、本来の同人誌印刷所は「完全原稿をただ複製するだけ」でしかありません。なので、そのへんがわかってないB印刷所だとA印刷所で断られた原稿が印刷できたってのはそういうことです。
また、どこまで責任を負うかは各社ともに違いますので、性表現に厳しい会社・ゆるい会社があるのはそういうことです。緩かった会社が突然厳しくなった場合は、誰かが何か問題を起こしたときに自分たちに何があっても責任がこないようにするための自衛を取ったということになります。

5.ただし、わいせつ以外の内容については、一切責任を追わないのが印刷所と即売会のスタンス

だって、そこにまで責任を負う事になったら、検閲したことになってしまいますもの。
もちろん、一部の優しい印刷所や即売会では「これ、おおっぴらに展開すると問題が起きるかもよ」とアドバイスしてくれるところもあるようです。優しいんじゃなく、自分たちに「幇助」という責任がこないようにするためにアドバイスすることも多いようですが。
法的には、著作権法違反やその他思想面での問題で主催者や印刷所にまで幇助が来る例はなかったと記憶しています(がすごく怪しいので法律家の皆さん間違ってたらツッコミください)。が、法的に問題なくても世間的にはどうなのさという話になりかねないわけで。
そのときに、「だって即売会主催がいいって言ったし!」「印刷所のチェック入っているし!」という言い訳は通用しません。たしかにそう言うと主催や印刷所のところに警察さんがこんにちはしに来ますが、話を聞いて終わりです(とは言え、面倒くさいです)。
わいせつに関しては「表現の自由」の絡みがあるので戦う姿勢を見せるイベント主催(が多い)のではありますが、原則として
  • サークル側がすべての責任を取り、その上でそのサークルが理不尽だし戦うという場合に、主催チェックでわいせつ的に問題がないと判断したものについては戦う(主催もいる)
  • それ以外についてはサークル側が全責任を負い、内容によっては戦うかもしれないけど基本的にはノータッチ(むしろ相手側につく場合もある)
が正解です。
冷たい?いやいや、誰も好んで捕まりたくないですよ。

……あんまりうまくまとまってないんで誰かもう少し端的にまとめてほしいなと思うんですけど、無理やり三行でまとめると。

  • すべての作品は作者が責任者で後の人は巻き込まれただけ
  • わいせつは定義が曖昧だから誰もガイドラインを作れない
  • 自作品の責任を他人のせいにするなら筆を折れ

ってとこでしょうか。

もちろん、例外はあります。原作者に許可を取ったうえで作るという方法がないわけではありません(ワンフェスの一日版権制度はそれですね)。ただし、その場合、何かあった場合には原作側も責任を追うわけなので当然厳しい審査をしなければいけない上に、時間がものすごくかかります。なので、全部アウト!と返す原作側も当然います。だって、やらなくていい仕事と責任だもの。
同人誌が著作権法違反じゃね?と言われながらもジャパニーズ文化と言われる所以は、著作権法が親告罪であり、ファンアートに対しては目をつぶっておきたい、むしろ内容によっては自作の宣伝にも繋がる(ファン獲得が得られる)という事情があります。
ただし、同人グッズの場合、原作者的には言われなけれは目をつぶるけど、有料で版権を買ってグッズを作ってる業者から「うちの商売を侵害している」と来るわけで、故に、グッズはやめとけといわれがちになります(これがワンフェスの一日版権制度ができるきっかけとなります。あそこは商売人と同人組が同じブースに並ぶので余計にね…)。

同人がグレーゾーンってのはそういうことね。最近は白黒はっきりつけるべき!って主張する方増えてますけど、はっきりさせると100%黒になって、同人文化は消滅するからね。

だからこそ、自分の作品には責任をもってほしいのです。他人任せじゃなく、自分の責任で作って欲しい。きっと批判も来るでしょう。特にオタクは自分の好み以外を全否定する方が大勢いらっしゃるので。でも、あなたの作品が好きですという人もいます。
そして、あなたの作品は好きだけど法律的にアウトだから逮捕しますという警察官も多分います。そのとき、他人のせいにしても、話は聞いてもらえません。

罪は罪なので。
あなたの罪であり、印刷屋やイベント主催その他は巻き込まれただけだから。