具体的に名前を出すと「マシュマロ」とか、「ほめて箱」とか。ちょっと昔ですと「Web拍手」とかその手のツール類ですね。
あれ便利なんですよね。気軽に感想が送れたり、うまく文章が作れなくてもとにかく連打するだけで「見てます!」「言葉に出来ないけど応援してます!」の意が送れるので。

とはいえ、無記名でも使える=匿名と思って、悪意のメッセージを送っちゃうやつはいる。マシュマロさんとかはものすごく頑張って悪意のあるメッセージは届かないようにしてるけど、それでもすり抜けちゃうことはある。


本来の目的外の使い方なのよね、悪意のあるメッセージ送信って。
この手のツールは性善説というか、「悪意を持って使わない」ことを大前提にしているので。
とはいえ、なんでも使えるものは使おうと思う人が出てくるのは想像に難くない。というか、実際にいるから騒ぎになるわけで。

この手の悪意に対しては、防ぎようがないのが正直なところだと思います。いや、送られたあとに警察へご相談とか対処できないわけではないのですが、「全く送られないようにする」という意味では、絶対に防げない。マシュマロさんでも完全にいたちごっこにしかならない。
悲しいよね。善意のツールを悪意に使われるとかさ。

というわけで、じゃあどう対策を取ればいいか。絶対に自分に対しての悪意を送ってほしくない人は、最終的に「この手のツールを使わない」以外にないのですが、それでいいのかという話になるわけで。
交流したい、でも悪意はいらないって言う人達のパラダイスって難しいのよね。

一つ言えるのは、この手の「ご意見と称する悪意」は、大抵あなたの作品なんか読んでないし、読んでいても言いがかり以上の何者でもないので、「無視する」という考えを堂々と取り入れてほしいなあと思います。反応するから悪意の人たちが寄ってくるというのは、実際にあるのですよ。
あと、「ツイッターなどでネガティブな発言、悪意のある方がターゲットにしやすそうなつぶやきをしない」っていうのも「悪意よけ」としては効果があります。あの人達嗅覚がすごいので、「叩いて成果が出やすい、弱い相手」にしかこの手の悪意って投げてこないのですよ。その嗅覚を別のものに活用できないものかなと思うんですけど、まあ無理だから叩きにしか使われないんだよねと思いつつ。
「叩かれたり脅迫されたりしたら、凹んでるヒマがあったら本のネタにしろ」と私は言うのですが、全員がそれできたら同人界隈は平和になる程度にみんなできないし、凹んでる人にそれを言うのは酷だと知っております。が、そのくらいの気合を持ってる人たちには、不用意に爆撃を噛ましてこないのがこの手の人達の特徴であります。

……ただし。
こんな強気な人間に本当に爆撃が来ないかと言うと、ガチの犯罪者は寄ってくるので注意しましょう。

以上、「自前Web拍手宛にリンクを投げつけ、そのリンクを踏むと自動的に誰かに(脅迫状を踏んだ人のIPアドレスに書き換えて)発送するシステムを送りつけられ、それが暴力団絡みの事件に関係しているからという理由で何故か他県の県警の刑事さんに証拠提出依頼された」という事案持ちの私からの感想でした!
(念の為。そのリンクは踏んでないぞ……。っていうか、匿名からのリンクは容易に踏んではいけない。悪意がここまで来るとこういう犯罪者がひょっこりはんしてきます)(さらに言うと送った犯人も一応警察の方で特定されたっぽいのですが、私は被害者にならなかったので(踏んでないから)犯人は(予想付いてるけど)知らないことになってるよ!)